> How to Use > ファイル復旧 > 間違って消してしまったファイルの復元方法

間違って消してしまったファイルの復元方法

2015-01-08 Posted by Bak to ファイル復旧

概要:
最近、間違って消してしまったファイルの復元についての質問が多くなりました。間違ってデータを消してしまった後、すぐにデバイスや記憶媒体の利用を停止し、データ復旧ソフトでファイルを復元することは大事です。ここでは使いやすくて復旧率の高いEaseUS Data Recovery Wizardで、消してしまったファイルを復活させる方法を紹介します。

間違って消してしまったファイルの復元について

最近、間違って消してしまったファイルの復元についての質問が多くなりました。ほとんどのユーザは重要な写真、動画、Excel、Word、またはほかのファイルをパソコンHDD、外付けHDD、USBメモリ、SDカードなどの記憶装置から消してしまいましたが、データを復旧する信頼できて安い方法を求めています。それで、今日は記憶装置やスマホから消したファイルを復元する方法について話します。

記憶メディアからデータを消してしまうとき、データはすぐに完全抹消されるわけではありません。ただし、システムはデータが保存した領域は「書き込み可能」とマークし、記憶領域で新しいデータが書き込めるようになります。それで、データが消されてしまったあと、記憶装置にいずれの操作や変更も失われたデータを上書きしてしまう可能です。

そのため、間違ってデータを消してしまった後、すぐにデバイスや記憶媒体の利用を停止し、データ復旧ソフトでファイルを復元することは大事です。

簡単なデータ復旧ソフトでファイルを早速復活

ここでは使いやすくて復旧率の高いEaseUS Data Recovery Wizardで、消してしまったファイルを復活させる方法を紹介します。

1.ソフトをインストールして実行します。消したデータの元の保存ディスクを選択して、スキャンを始めます。

EaseUS Data Recovery Wizardより間違って消してしまったファイルの復元ステップ1

2.クイックスキャンが完了した後、ディープスキャンが自動的に行います。

EaseUS Data Recovery Wizardより間違って消してしまったファイルの復元ステップ2

3.スキャンが完了したら、すべての検出したファイルがカテゴリによりリストされます。復旧したいファイルを選んで、「リカバリー」で復旧します。

EaseUS Data Recovery Wizardより間違って消してしまったファイルの復元ステップ3

EaseUSが選ばれる理由