> How to Use > ファイル復旧 > Dropboxから削除されたファイルを復元する方法

Dropboxから削除されたファイルを復元する方法

2016-09-06 Posted by Bak to ファイル復旧

概要:
Dropboxというネットドライブアプリが数多くのユーザーに利用されています。パソコンのスペースを省げますし、使うのも便利です。しかし、誤操作やフォーマットなどで、間違ってDropboxで保存されていたファイルを削除してしまいましたら、どうすればそのデータを復元できるのでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

「Dropboxで保存されていたファイルですが、先日ジャンクファイルをクリーンアップする時間違って大事なファイルを削除してしまいました。パソコンではバックアップを取っていなかったし、どう復元するのか実に困っています。Dropboxから削除されたファイルを復元する方法が分かる方は是非教えてください。」

Dropboxというのは、今かなり流行っているネットドライブアプリです。ネットでのファイル共有、またはパソコンのストレージ節約には役立ちます。しかし、ユーザーの誤操作、またはファイルアップロード時の故障により、大事なファイルが削除されてしまったこともよく発生します。その場合、どうすればDropboxから削除されたファイルを復元できるでしょうか?

trashから削除されたファイルを復元

1.サーチバーの隣のtrashアイコンをクリックします。

削除されたファイルが表示される

2.削除されたファイルが表示されます。復元したいファイルをチェックします。

3.「リストア」をクリックして、復元します。

第三者ソフトでDropboxから削除されたファイルを復元

もしtrashでは何の記録も残さず復元できない場合、データ復元ソフトでパソコンを検索して見ることはいい方法です。ここでは、無料データ復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizard Freeを皆さんにお薦めします。大事なデータとファイルをただ三つのステップで復元することができます。

1.ソフトを実行して、紛失ファイルの元の保存ディスクを選択して、スキャンを始めます。

Dropboxから削除されたファイルを復元する方法1

2.クイックスキャンが完了した後、ディープスキャンが自動的に行います。

Dropboxから削除されたファイルを復元する方法2

3.検索が完了すると、復元可能なファイルがリストで表示されます。復元したいファイルが検出されたら、それをチェック入れて、「リカバリー」をクリックして復元します。

Dropboxから削除されたファイルを復元する方法3

EaseUS Data Recovery Wizardの無料版では、最大限2GBのファイルを復元できますが、それ以上の量を復元したい方は、製品版のEaseUS Data Recovery Wizard Professionalをご検討ください。

EaseUSが選ばれる理由