> How to Use > ファイル復旧 > Microsoft Security Essentialsに間違って削除されたファイルを復元する方法

Microsoft Security Essentialsに間違って削除されたファイルを復元する方法

2017-03-23 Posted by Bak to ファイル復旧

概要:
Microsoft Security Essentialsはマイクロ配布の無料ウイルス対策ソフトで、Windows 7まで対応しています。しかし、Microsoft Security Essentialsは正常なファイルをウイルスと誤認し、削除してしまうケースが発生したようです。Microsoft Security Essentialsに間違って削除されたファイルを復元するには、どうすればいいでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

Microsoft Security Essentialsがファイルを誤削除

「Microsoft Security Essentialsを今まで使ってきました。無料で優れたウイルス対策ソフトですが、先日ウイルスの検索、削除を行った時、ソフトが大事なファイルをウイルスと誤認し、削除してしまいました。とても重要なファイルなので、是非復元したいです。何か方法があるでしょうか?」

Microsoft Security Essentialsに削除されたファイルを復元する方法

Microsoft Security Essentialsはマイクロ配布の無料ウイルス対策ソフトで、Windows 7まで対応しています。しかし、Microsoft Security Essentialsは正常なファイルをウイルスと誤認し、削除してしまうケースがよくあります。

ここで、無料データ復旧ソフトEaseUS Data Recovery Wizard Freeを皆さんにお薦めします。ウイルス対策ソフトに間違って削除されたファイルでも、上書きされない限り、復元することが可能です。是非試してみてください。

削除されたファイルを復元する操作手順

1.まずはソフトを運行します。初期画面で削除されたファイルの元の保存ディスクを選択して、スキャンを始めます。

Microsoft Security Essentialsに間違って削除されたファイルを復元する方法1

2.クイックスキャンが完了した後、ディープスキャンが自動的に行います。

Microsoft Security Essentialsに間違って削除されたファイルを復元する方法2

3.検出されたファイルから復旧したいものを見つけて、その前にチェックを入れてから、「リカバリー」をクリックして復元します。

Microsoft Security Essentialsに間違って削除されたファイルを復元する方法3