> How to Use > データ復旧 > CMDで壊れたセクタをハードディスクから削除する方法

CMDで壊れたセクタをハードディスクから削除する方法

2017-03-17 Posted by Bak to データ復旧

概要:
ハードディスクで壊れたセクタが現れると、読み書きスピードを下げる他、ディスクの寿命をより短縮する恐れもあります。この記事では、CMD(コマンドプロンプト)でハードディスクでの損壊セクタを取り除く方法を、皆さんに紹介します。

ハードディスクで壊れたセクタが?

ご存知の通り、ハードディスクは数多くのセクタに組まれます。一つのセクタが壊れても、ハードディスク全体的な性能に大きな影響を与えることがないですが、ディスクの読み書き速度を下げ、ディスク寿命を短縮する恐れがあります。

では、ハードディスクでの壊れたセクタをどう処理すればいいでしょうか?

CMDで壊れたセクタをハードディスクから削除

CMD(コマンドプロンプト)で、簡単に損壊セクタをディスクを取り除くことができます。次はその操作手順を紹介します。

1. スタートの検索バーで「CMD」とサーチして、右クリックします。
2. 「管理者として実行」を選択します。
3. 「 chkdsk E: /f /r /x」とタイプして実行します。(Eのところに損壊セクタのあるドライブのラベルを入れ替えてください)

データ復元ソフトで損壊セクタからデータを復元

損壊されたセクタでのデータは、時にアクセスできない状態になってしまいます。その場合、そのデータを復元する必要があります。

ここで、データ復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizardを皆さんにお薦めします。データを損壊セクタから抽出ことは可能です。是非試してみてください。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率?安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD?ゴミ箱?HDD(ハードドライブ)?USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元は可能!
  • 復元の前に、音声?ビデオ?画像?ワード?エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.12(macOS Sierra)

 

Step 1.ソフトを実行して、初めの画面で紛失データの保存ディスク(つまり損壊セクタのあるディスク)を選択して、「スキャン」をクリックします。

損壊セクタのあるディスクへのスキャンを始める

Step 2.ソフトが自動的に選択したディスクをスキャンし始めます。

スキャンが完了するまで待つ

Step 3.スキャンが完了したら、すべての復元可能なファイルがリストで表示されます。復元したいファイルを選んで、「リカバリー」をクリックしてパソコンに保存します。

データを復元する

EaseUSが選ばれる理由